ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失  |新規登録
メインメニュー

Windows10へのアップグレードについて


投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2016/7/21 13:47 | 最終変更
むーん  サイトURL
現在Windowsの8.1というものを使っています。

もうすぐでWindows10への無料アップグレード期間が終わってしまうそうで、パソコンを付けるとポップアップがでてきます。

勝手にアップグレードされてしまうのも嫌だったので、Windowsのアップデートの中にあるWindows10関連のものはこれまであえてインストールしてきませんでした。
そのおかげなのか勝手にアップグレードされる事態には至っていません。

Windows8.1より10の方が使いやすいような情報を見かけますし、今後長い目でみるとやっぱりセキュリティ面でも安心したいところなので、アップデートしようと考えています。(必要スペックは満たしているようでした)

そこで質問です。

このままWindows10にアップグレードすると、OSやソフトがインストールされているCドライブの中身は全て消えてWindows10になるということなのでしょうか?(デスクトップに配置してあるアクセスしやすいメモやデータ類含)
それともOSだけが丸ごと10になるだけで他の内容は全て基本的に引き継がれるということでしょうか?

他にDドライブ(光学ドライブ)と、データが入っているEドライブそしてFドライブが接続されている状態で、パソコン本体を設置してある場所が狭いため、非常に取り出しにくいこともあり、Cドライブの中身が仮に全て削除されたとしても、他のドライブのデータに影響はないとのことであれば、そのままにしておきたいというのが正直なところではあります。

よろしくお願いいたします。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/7/21 19:00
Smithfield  モデレータ   投稿数: 827
こんにちは

アップグレードするべきかどうかは、あくまでも個人の判断です。
その上で、私のレスが少しでもお役に立てれば幸いです。

引用:
Windows8.1より10の方が使いやすいような情報を見かけます
これは、人によってどちらが使いやすいというのは感じ方が違うんじゃないかと思います。

私は操作性自体は8.1→10の場合はそれほど違和感ないんじゃないかと。
7→10だと慣れるまでちょっと時間がかかると思いますが。

それよりも、10はバックグラウンドで色々やってくれちゃうので、
これが結構使いにくいという評価のもとになっているんじゃないかと思います。

引用:
今後長い目でみるとやっぱりセキュリティ面でも安心したいところ
Windows8.1は 2023年1月までサポートされることが決まっていますので、
セキュリティ云々というのは、アップグレードとは全く別の問題だと思って下さい。

引用:
(必要スペックは満たしているようでした)
今使っているPCの必要スペック云々より、メーカー製PCなら
メーカーがアップグレード対応機種としてドライバ類を提供しているかの方が重要です。
非対応機種ですと、ご自分でドライバ等を探さなければなりませんので、
初心者の方だとちょっと難しい作業になる場合があります。

更にお使いのソフト、プリンタやカメラ等のハードがきちんと対応しているかも確認して下さい。

引用:
OSやソフトがインストールされているCドライブの中身は全て消えてWindows10になるということなのでしょうか?
いいえ、アップグレードされるのはOSのみですので、
インストールされているソフトや、メモやデータ、音楽、ビデオ等の、
ドキュメントファイルはそのまま残ります。
しかし、アップグレード作業中は何が起きるかわかりませんので
事前に外付けのHDD等にバックアップなさる事を強くお勧めします。

また、ソフトによっては事前に一旦アンインストールし
アップグレード後に再インストールしなければならないもの等もありますので
お使いのソフトすべての対応状況を確認して下さい。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/7/21 19:11
kimi  エキスパート   投稿数: 309
私も、周辺機器のドライバを集めたので、1台Windows10に上げようと思っています。

また、Smithfieldさんが書いておられるように、アップグレード中は何が起こるかわからないので、データ類はバックアップしてから行います。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/7/22 19:55
Win10推進派  サイトURL
現在の環境を引き継いでアップグレードされるとトラブルが多くて後悔するかも知れません。

設置場所の問題でPC本体を弄るのが大変そうですが、新しいHDDかSSD 一台と光学ドライブだけを接続した状態で、Windows 10のインストールメディアとWindows 8.1のプロダクトキーを使用して新規インストールされるといいと思います。
PCがメーカー製でWindows 8.1がプリインストールの場合は、COAラベルがありませんので、プロダクトキーの入力を求められたら「プロダクトキーはありません」をクリックして進めてください。
インストールが完了してライセンス認証されていることが確認できたら、元のWindows 8.1構成に戻して使用し、暇を見てはWindows 10の環境整備をされるといいでしょう。
無料アップグレードのタイムリミットを気にせず、落ち着いて作業できると思います。

アップグレード可能なエディションの組み合わせに注意してください。
Windows 8.1 ⇒ Windows 10 Home
Windows 8.1 Pro ⇒ Windows 10 Pro
新規インストールするときは、bitを変更(32⇒64bit/64⇒32bit)することもできます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
こちらからWindows 10のインストールメディアがダウンロードできます。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2016/7/23 15:30
むーん  サイトURL
こんにちわ。
みなさんお返事ありがとうございます。

すみません最初に書いておくべき情報だったのですが忘れていたようでした。
パソコンはお店の組み立ての物で、そのお店はだいぶ前に無くなってしまっています。
どちらにしてもサポート対象期間はとっくに過ぎているのと、周りにパソコンに詳しい人がいないこともあるため今回は自力でWindows10にしようとおもっています。

-----

>Smithfieldさん
10はバックグラウンドで色々やってくれちゃうとはどういうことなのでしょうか?
ソフトの対応については仰る通り最低限よく使うソフトや機器の対応がどうなっているのか調べておく必要がありますね。
流石に複合機等は問題なさそうでしたが、仮にどうしても使いたい慣れたソフトでドライバがなく非対応のものがあったとしてもWindows10にする気持ちは変わりなさそうです。

>kimiさん
たしかにバックアップは大事ですよね。
といっても私の場合一番大事なのはWordやメモ帳のデータで、それらはすでに別の内蔵HDD(Eドライブ)へ移動済みにしてあります。

>ゲスト4番さん
ちょうどその相談もしようとおもっていたところでした。
ほとんど使わないソフトやその他のこともあるので、できるだけトラブルを回避しサクサク動作できるという意味も兼ねてこの際キレイさっぱり一からのスタートということでクリーンインストールを考えています。
少し調べていたところUSBメモリにWindows10を保存してやる方法が簡単そうかなとおもっていますが。
Windows8.1のプロダクトキーはディスクの入っていたケースに書かれてあるので大丈夫だとおもいます。
ただクリーンインストールする予定のWindows10のプロダクトキーについてはあるソフトを用いることで調べる方法があるそうなのですが、とくになくても問題なくインストールされ自動的に認証も済んでいたといった情報も見かけたので、これが少し謎です。

-----

現在のWindows8.1の環境からWindows10のクリーンインストールをするためにUSBメモリを使うやり方が一番簡単?っぽかったので、手持ちでまだ未使用の32GBのものを活用しようとおもっています。

パソコン本体がすごく重くて苦労しましたが蓋をあけて中をみたところ配線がすごくて下手に触ると壊してしまいそうなのが一番不安かもしれません。
ホコリや汚れもほとんど無さそうだったので、そのまま蓋を閉めて元の場所に置きました。(出しっぱなしにできるような広いスペースではないため)

クリーンインストールとなると、Windows8.1がインストールされているCドライブの中身は丸ごと消えてまっさらのWindows10がそこにインストールされることになる流れになるとおもいますが、他の内蔵HDDのEドライブやFドライブを接続したままの状態で作業を行っても、基本的にこれらの中身には影響はない(削除されたりしない)という考えでいいのですよね?

USBメモリを使うよりもさらに簡単な方法があればそちらを試したいところですけど。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/7/23 17:27
NT  サイトURL
この質問とは関係ないかも知れませんが
Windows10にしてからIE11でスクリプトエラーが頻発して起こるようになります
この対処法ですがIEを立ち上げたらタブの複製か新しいタブを開いて
そちらを使うとスクプリトエラーが出なくなります
参考までに
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/7/23 20:46
Win10推進派  サイトURL
Windows 10のインストールメディアは、数千円するUSBメモリ(32GB)でも、1枚数十円のDVD-Rのどちらに作成しても構いません。
パソコンがUSBメモリからブートできない仕様ならDVD-Rに作成しましょう。

必要なデータはバックアップ済みということなので、Windows 8.1が動作している状態で、インストールメディアのSetup.exeを実行してインストールされればいいと思います。
インストール済みのアプリをそのまま継続して使用したい場合は、現環境を引き継いでインストールを。
クリーンインストール(旧環境はWindows.oldに格納される)したい場合は、現環境を引き継がないでインストールを進めてください。
インストール完了時点でライセンス認証は済んでいます。

これ以降、Windows 10の再インストールやクリーンインストールを行うときに、プロダクトキーの入力は「プロダクトキーはありません」でスキップすれば、ライセンス認証済みでインストールできます。

取り敢えず、アップグレードインストールして、不具合があるならクリーンインストールすればいいでしょう。

尚、無料アップグレードのWindows 10には、個別のプロダクトキーはありません。
表示ソフトで見ても、共通のプロダクトキーが表示されるだけです。

アップグレードやクリーンインストールするときは、無用なトラブルを避けるために、OSが入った(入れる)HDD以外は外しておいた方がいいです。
何かの手違いでHDDが消去されてしまっても、大事なデータは戻ってきませんからね。
実際にはHDDを外すのではなく、SATAケーブルを抜くだけでいいです。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/7/24 0:21
むーん  サイトURL
いろいろ情報ありがとうございます。

やはり念の為にOSがインストールされているHDD以外の線は外しておいた方がいいのですね。頑張って出すようにします。

ドライバについてあれこれ調べていたところ少し気になることがありました。

グラフィックカードやサウンドカードといったものは対応ドライバがあったので先にダウンロードしておいたのですが、モニターやキーボード、それと一番気になっていたマザーボードの対応ドライバが見つからないのです。

モニターやキーボードに関しては自動認識で問題なく使えるものと考えてはいますが、マザーボードの場合は対応ドライバがなくても使用に問題はないのでしょうか?このような経験は初めてなのですが。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/7/24 2:25
みやち  エキスパート   投稿数: 351
ショップメイドのPCと言うのであれば、スペックを開示しましょう。
最低限、CPU種別、M/B型番、実装RAM量、拡張カード(全て)位は。

Win10向けデバイスドライバーが無い場合は、基本的にWin10の導入は出来ないものと捉えるのが妥当です。
さて、ここで「情報を開示すべき」と述べた事に活路が見出せる可能性があります。
回答者が代わりにドライバーを見付ける事が出来るかもしれない、と言う事です。 >M/Bの型番やチップセット種別から

ディスプレイには特にデバイスドライバーは存在しないのが通例ですが。INFファイルが必要になる事もありますが、それは「INFファイル」であり、決してドライバーではなくて。

キーボードは、OS内包のもので標準的な機能に不自由は無いですが、マルチメディアキー(CD/DVD再生(これらのメディアに限らず音楽ファイルや映像ファイルの再生も含めて))等が実装されている場合は、その機能を使用する為にはドライバーが必要になります。
大手メーカー(Logicool等)であれば、カスタマイズユーティリティーとセットで対応バージョンをリリースしていたりしますから、先ずは確認するのが得策です。


追記として。
従来のデバイスドライバーのままで運用可能なデバイスもあるので、その場合は「Win10対応」のドライバーは(当面)リリースされないでしょうね。
M/Bによって、チップセットの世代によるWin10対応には大きな差があるので、公式に対応をアナウンスしていない場合は無理をしない事が賢明です。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2016/7/24 9:16
むーん  サイトURL
失礼しました。

細かく書かれたスペック表は紛失してしまったようなのですが。
最低限の部分はわかりましたので書いておきます。

CPU:intel Core i7 920
MB:ASUS P6T Deluxe V2
RAM:6GB
ビデオカード:ASUS ENGTX275(NVIDIAというメーカーのサイトからダウンロード済み)
サウンドカード:ASUS Xonar Essence STX(ASUSジャパンのホームページ
からダウンロード済み)

Windows10の必要スペックは満たしているものとおもっていたの後はいつ導入するかだけを考えていたのですが、ここにきてこのような結果になってしまったのが残念でなりません。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/7/24 20:35
Win10推進派  サイトURL
>ここにきてこのような結果になってしまったのが残念でなりません。

Windows 10を諦めるということですか? それは残念ですね。

X58マザーでWindows 10を使用されている方はいますので、
むーんさんの機器構成で動かない理由は無いと思いますが。
Windows 10インストールメディアをUSBメモリに作成し、
インストール時にUSBマウスを併用すると途中で止まって
しまうことがあるようです。
BIOSで「レガシーUSBサポート」を無効に設定しておけば
この問題は起きないそうです。

慎重に物事を進めるために多くの人の意見を聞くのは、非常に良いことだと
思いますが、最終判断するのは自分です。
あと数日にせまった無料アップグレードの権利を、駄目かもしれないという
理由で試すことなく失効するよりも、試して結果を見た方がホントに駄目だ
った場合でも納得して諦められると思います。

残念なことに、Windows 7に執着してWindows 10を否定する人が多くいます。
そういう人達に限って、メーカーが非対応だとか使い難くなるだとか言って
不安をあおりアップグレードさせないようにします。

アップグレードして不具合が出ても、ここで質問されれば「エキスパート」な
回答者達がきっと解決に導いてくれます。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/7/24 20:56
みやち  エキスパート   投稿数: 351
ASUSは公式にintel 8シリーズ・チップセット以前のWin10対応をしていません。 >8シリーズ以降はOK
Intel自体も積極的にはサポートしていませんし。 >オンボードの一部機能(LAN等)についてはドライバーあり
M/Bベンダーがドライバーのリリースしない限りは、無理を通すのは避けるのが賢明でしょう。X58でWin10が動作しないと言う訳では無いですが。

個人的には、RAMが流用出来る8シリーズのM/Bに移行するのが得策かと思いますが。 >Win10導入をするなら
現状のスペックから見れば、グラフィックカードをアップグレードするだけでWin8.1のサポート期間まで十分使えるでしょう。
 (勿論、プラットフォームが変わるのでCPUの更新は必須。)
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/7/24 23:08
むーん  サイトURL
お返事ありがとうございます

>Win10推進派さん
まだ完全に諦めたというわけではありません。
他の方から有力な情報が来る可能性もあるかもしれないので。
ただもう無償期間の終了が近づいているのも事実ですので、この機会を逃すとおそらく全てのパーツの対応ドライバが揃っていたとしても今のパソコンが壊れたりでもしない限り乗り換えることはないようにおもいます。Windows8.1のサポート期間はまだまだ先まで保証はされているようですし。

色々調べているとまったく同じではありませんが、ほぼ同タイプのもので同じく公式でドライバが存在していないマザーボードを使用したパソコンでWindows10を難なくインストールして使用できていると書いてたブログさまも見かけてはいます。
が、対応ドライバがない以上は今後の使用において何かしらの不具合が次々と出てくる可能性が少なからず高いようにおもいます。
私はパソコンに詳しい方ではないのと、持っているのが今の一台だけですのでこれが壊れたり使えなくなると困るというのもあるのです。
そのために戻すやり方等もあるようなのですがほとんど意味がわからず初心者がやるようなことではないハードルの高い作業のように感じています。
あと問題が出た場合クリアするためにパーツの買い替えや出費がかさむと一体何をやっているのかということにもなりかねませんので。


>みやちさん
エキスパートであるみやちさんの意見としては“無理にしない方がいい”とのことですね。その通りだというおもいもあります。
マザーボードの交換ですか。
それが早くて確実ではあるというのはわかってはいるのですがパソコンをバラしたり組んだこともろくになく故に知識もその程度です。
ただ組むだけなのかもしれませんが機械ものにそれほど強くないというのもあってそこからのスタートは結構なハードルの高さを感じてしまうというのが正直なところはあります。

だからといって組立サポートも結構いいお値段がかかってしまうので、パソコンが壊れてしまう等すればそれはやむを得ないということになるのでまだしも、何万円と払ってまでWindows10にしたいかと問われるとそこまでは・・・ということになってしまいます。


Windows10にしたい気持ち60%
無理しないで今回は見送るという気持ち40%
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/7/24 23:14
むーん  サイトURL
そういえば海外サイトでこのようなものを見つけました。

http://toshiba10.com/toshibadriversupdateutility/asus-mainboards-win10_155_10_P6T-Deluxe-V2.html

これは今回ネックとなってる公式ドライバのない該当マザーボード用の非公式Windows10対応のドライバというものになるのでしょうか?

それともまた関係のない別のドライバになるのでしょうか?

あるいはドライバにみせかけたウイルスのようなもの?
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/7/25 2:26
みやち  エキスパート   投稿数: 351
その記事はオンボードサウンドのドライバーの様に見受けられますが。

一応、他の回答者が述べている通り、M/Bベンダー謹製のドライバーが無くとも、Win10に内包されている汎用ドライバーでそれなりに運用が出来ている例が幾つも見付かります。
実の所は、そんなに潔癖性的に拘る必要は無いのかも知れませんが。
個人的には、サポート対象外の環境での運用は絶対に許容出来ないですけどね。
そう言った面で自分の中で折り合いがつくのであれば、実施(アップグレード)されたら良いのでは。
私の個人的な矜持を押し付けるつもりは毛頭ありませんし、野放図にアップグレードを推奨するつもりもありません。

アップグレードを実施されるのであれば、現環境のクローン位は作成しておいても損は無いかと思います。 >データのバックアップではなく
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/7/25 6:52
Smithfield  モデレータ   投稿数: 827
もっと原点に返って考えると、簡単に結論が出るんじゃないでしょうか?

OSって何の為にあるのか

OSを辞書で引くと
<<プログラムの制御・データ管理などを行なうソフトウェア>>

安心してそれらの事を行えなければ
どんなに新しいOSを導入しても全く意味がないと思いませんか?

X58のマザーにNehalem世代のよさげなCPUが乗っかっているんですから
明らかにVistaのSP2や兄弟OSのWindows7用の構成ですよね。
もし私なら、10にアップグレードせず、逆に7にダウングレードするかもです。

他方、『どうしてもWin10にしなければ動かないソフトがある』
或いは、『安定している今の状況を捨ててでも新しいOSを使いたい』
というのであれば、あくまでも自己責任という事になってしまいます。

みやちさん仰る通り、OS同梱の汎用ドライバーであっさり動いちゃう場合もあるかもしれませんが
メーカーが正式にサポートをしていない以上私もそれはお勧め出来ません。

但し今回はマイクロソフトが完全サポートをうたっていますので
オンラインサポートや電話サポートを活用し
アップグレードを行った際の動作保証等をあらかじめ取り付けるっていうのもありかもしれません。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

TEL:0120-54-2244 平日 9:00 - 18:00、土曜日 / 日曜日 / 祝日 10:00 - 18:00

電話以外の方法での問い合わせは下記
https://support.microsoft.com/ja-jp/contact/menu/software/windows/setup/

-----------------------------------------------------------------------------------------------

お決まり事ですが、
もしチャレンジするのであれば、今の状態の完全バックアップは必須です。
私は面倒くさがりなので、今の環境のHDDをそのまま外してキープし
他のHDDやらSSDを付けてテストしちゃうかもしれません(苦笑)

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/7/28 6:34
むーん  サイトURL
いろいろとアドバイスくださり皆さんありがとうございます。

結論から申しますとWindows10への移行は断念することにしました。散々迷ったのですが。

やはり安心してWindows10にするために投資しなければならない金額等を計算してそこまで出すのならという判断となりました。

Windows8.1のサポートも当分は続くようですし、8.1までなら問題となっていたマザーボードも公式対応でドライバも提供されています。

勝手にアップグレードされないよう該当しそうなものはチェックマークを外しておりそれが功を奏したのかアップグレード作業に入りそうになったことはありません。

これでもし勝手にアップグレードされていたらいくら期間内であれば元に戻せるとはいえ初心者としては怖いところです。
今回のアップグレードさせてしまえという初心者にとって半強制的且つこのような手法でありながらシェア率がどうのと発表しているMicrosoftのやり方はいただけないと思わざるを得ません。

30日以降?はWindows10へのアップグレード通知は消えてくれるのでしょうか?
気にすることなくWindows Updateが行えるようになればいいのですが。

なし Re: Windows10へのアップグレードについて

msg# 1.2.1.2.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/7/28 8:31
Win10推進派  サイトURL
HDDのシステムで予約済みとCドライブの使用容量がEドライブかFドライブの空き容量以下なら、費用を掛けずに安全にWindows 10にアップグレードして、何かあってもアップグレード前の状態に戻すことができます。
DVD-R数枚分の費用は掛かりますが。

簡単な手順は。
1.システムイメージバックアップをEorFドライブに作成する。
 OS標準、EaseUS Todo Backup Free、AOMEI Backupper Standard 等で可能。
 併せて、回復ドライブ(USBメモリ)、ブータブルディスク(CD-RかDVD-R)を作成する。
2.Windows 10にアップグレードする。
3.気に入らなかったり不具合があったら、回復でアップグレード前に戻す。
4.正常に戻らなった場合、システムイメージバックアップから復元する。

断念されたので無理にお勧めはしませんが、気が向いたら詳しく調べて挑戦されるといいでしょう。(時間が足りないかもしれませんが)
Smithfield

なし Re: Windows10へのアップグレードについて

msg# 1.2.1.2.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/7/28 17:33
Smithfield  モデレータ   投稿数: 827
PCやOSをいじる事が趣味の方なら、トライする事は自由ですが
一台だけの大事な常用PCを何のサポートもない状況でのアップグレードは
無謀だとは思っていました。
今回ようやく納得されたとの事でほっとしています。

マイクロソフトのサポートの利用をお勧めしたのは
質問者さんのPC構成ではマイクロソフト側も
アップグレードをしないようにアドバイスする事が判っていたからです。

そこで納得なさって頂き、今回のアップグレードキャンペーンへの文句の一つでも書き込んで
すっきりとなさって頂けたらと思っていました。

30日以降の事ですが、もうちょっと様子を見られたほうが良いかもしれませんね。
アップグレード関連のパッチはもう出さないとは思いますが
事前の目標アップグレード数に到達していないようですので
また新たなキャンペーンが始まらないとは言い切れませんので。

関連の情報が入りましたら当サイト上でも何らかの形で
お知らせ出来ればと思っています。
Smithfield

なし Re: Windows10へのアップグレードについて

msg# 1.2.1.2.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/8/1 19:59
Smithfield  モデレータ   投稿数: 827
英語圏サイトで7月30日以降の情報を集めていたのですが
障害者向けについて引き続きアップグレードを提供しサポートを行うとの事です。

■ Windows 10 free upgrade for customers who use assistive technologies

で、有資格者の定義はというと
『特定の障害者向け支援技術製品を使用している人のみではない』
『Windows上の支援技術製品を使っているならだれでも資格がある』

つまり、Windowsの『コンピュータの簡単操作センター』機能を使っているだけでもOKらしく
さらにそれらは自己申告なので、実質誰でもアップグレードと認証が可能なんだそうです。
なんか、障害者の方をダシに使っているようで私としてはあまりいい感じがしないのですが。

障害者の方
引き続き無料アップグレードの提供とそのサポートの継続

一般向け
アップグレードは出来るけどサポートは無し

8月1日時点での実態はこんな感じのようです。


kimi

なし Re: Windows10へのアップグレードについて

msg# 1.2.1.2.1.1.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/8/1 21:09
kimi  エキスパート   投稿数: 309
私も、Microsoftはどう動くのか情報を探していたのですが見つかりませんでした。

>障害者の方
>引き続き無料アップグレードの提供とそのサポートの継続
>
>一般向け
>アップグレードは出来るけどサポートは無し
>
>8月1日時点での実態はこんな感じのようです。

なるほど。
Microsoftは、少し時間をおいてから情報を出すかもしれませんね。
7月29日を過ぎて、すぐ次の対応の情報を出すのも変な感じもしますし。

この質問に投稿する

題名
ゲスト名
投稿本文
  条件検索へ

Copyright 2017 alpha. All Rights Reserved.