Google Chromeで”保護されていません”と表示される件について

Posted by Emily Schechter, Chrome Security Team Developers : Read more about how to ...

2017年1月25日にリリースされた Google Chrome 56 から、http接続のページ内にパスワード入力欄 (input type=”password”) があると、アドレスバーの左側に『このサイトへの接続は保護されていません』という警告が出るように仕様が変更されました。

完全SSL(https)化をする前の当サイトでもこの警告が出ていました。

『保護されていません』の文字上でクリックすると『このサイトでは機密情報(パスワード、クレジットカードなど)を入力しないでください。』と表示されます。

さらに『詳しく見る』をクリックすると、サイトの接続が安全かどうかを確認するという、Chrome のヘルプページが表示されます。

Googleによるhttps導入を加速させる取り組み

web検索で圧倒的なシェアを誇るGoogleの取り組みに追従しないとどうなるかは、当サイトの現状を見れば明らかだと思います。2014年から始まったこの取り組みを、一切知らずにいた私の責任です。

もう一度、多くの方に利用して頂けるようなサイトになるようサイト改修作業を継続して行っていますので、どうかご協力の程よろしくお願いします。